iPhoneはandroidを追う立場に、劣っていたカメラをトリプルにしてアップデート

iPhoneはもはやスマホの世界をけん引する立場ではないことが今回のiPhone11で明らかになった。 新しいiPhone11の売りは、サムスンはHuaweiと同じようにカメラなのだ。 既にデザインはボタンもなくなり、androidと同じ形になっている。 多少の値下げはしたというものの、総務省の規制で旧機種さえ値引きは2万円までという規制が適用されてしまう。 これでは7万円からのiPho…

続きを読む

楽天は第4のキャリアから参入せずに撤退することになるだろう

楽天が第4のキャリアとしてスタートすることを断念というのが本当のところではないか? すでに総務省から行政指導を3回も受けているのが楽天モバイル。 10月からの提供開始はすでに公表していたことであり、これをちゃぶ台返しをしたのが今回の発表。 しかも、年内には提供というのではなく、未定。 さらに、楽天内部では無料のトライアルのスタートとして当初から設定していたという驚くべき発言が聞かれた記者…

続きを読む

日本のスマートフォンのレベルは海外に2年以上遅れることになるだろう。責任はすべて総務省にある!

日本では今後、ハイエンドといわれる最新の高機能なスマートフォンはほとんど売れなくなることは確実。 これは、総務省による、端末割引の上限を2万円にという無茶苦茶な市場介入をするからだ。 新型のiPhoneも来月の9月に発表されるが、基本的には10万円クラス。 10万円から2万円引いても8万円! これは誰でも買える値段ではないだろう。 その結果、これまでキャリアによる値引きで日本ではiPh…

続きを読む

楽天モバイルのキャリアとしてのスタートは10月1日ではない!

楽天モバイルが第4のキャリアと騒がれているのだが、まだまだ当面は格安SIMの業者ということ。 10月1日に独自の回線でスタートできるエリアはごく僅かの都会の一部のみというもの。 完全に期待はずれで、これでは大手3社が携帯料金の値下げをするインパクトにならない。 ここは責任を取って、1年間無料などのプランを用意して、大きなインパクトを与えてほしい。 さらに端末セールも毎週末にするなど規制の…

続きを読む

総務省の行政指導でまたドコモが料金プランを変更、旧プランを廃止!

総務省が楽天の参入に際して優遇措置というべき解約違約金の値下げを指示。 これに反発したドコモがまた料金プランを変更するという。 しかし、つい最近ドコモはプランを変更したばかりだ。 消費者としての問題は、既存のプランがなくなり、シェアにしようと思ってもできなくなったりなど、ドコモが旧プランを残すと言っても結局は新プランに変更せざるを得ない状態に追い込まれるというのが大きな問題。 おそらく楽…

続きを読む

携帯料金のプランを2年ごとに変えるのはどう考えても消費者無視だ

総務省のあり得ない市場介入。 その結果、携帯料金のプランがコロコロ変わっている。 そして変更されたドコモの料金プラン。 旧プランの家族でパケットをシェアできるプランは消滅。 シェア回線の下に子機を新たに追加することさえできなくなっている。 これは、あまりにも酷い扱いと言えよう。 既存ユーザーを全く無視したものだ。 総務省の行政指導は本来このような消費者不利になるような変更を禁止する…

続きを読む

携帯電話の料金を安くしている2年縛りの割引まで排除する総務省の異常

携帯電話の料金を安くしている2年縛りの割引まで排除する総務省の異常だ。 この2年契約の途中解約の違約金が実質的になくなることで、2年契約ならではの割引が消滅することは確実。 つまり、携帯料金が高くなるのだ。 大手3社の料金体系はほぼ同じ。 その解約金をなしとすることにより、MNPのメリットはなくなり、さらに、携帯電話の料金がその分高くなるだけだ。 また、端末の割引にも制限を2万円までの…

続きを読む

iOS13はiPhone6s、iPhoneSEをサポート。iPhone6はサポート対象外に!

アップルのイベントでの発表はいまいちなことが多い。 今回の目玉は、なんと、iPhoneの新しいOS、iOS13なのだが、目玉がダークモード・・・ むしろ注目したいのは、新しいいiOS13はiPhone6sもサポートしていること。 iPhoneSEも当然サポート継続だ。 この発表により、iPhone6s世代のユーザーはホッとしたところだ。 総務省の訳の分からない方針により、端末価格の割引…

続きを読む

HuaweiのP30LiteなどがOCNモバイルONEサイトで投げ売り状態!

HuaweiのP30LiteなどがOCNモバイルONEサイトで投げ売り状態! よく期間限定セールをしているOCNモバイル。 端末セットというもので、回線契約は必須ということ、6か月以内の解約には解約金が発生することを考慮して、値段を考えるのが適切。 端末だけが欲しいという人は、プラス1万円ちょっとだと考えて、それでも、端末が安いかということで判断すればいいだろう。 グリーングリーンセ…

続きを読む