iPhoneSEは128GBが出るというからまだまだ現役でモデルチェンジはなさそうだ

iPhoneSEの大容量版が5月にも登場するという。
SmartPhoneUser.jpg
このことは逆に言えば、iPhoneSEの大幅なアップデートはないということでもある。
大容量化によって64GB以下のモデルの値段がさらに下がる可能性はあるが、現行でも十分に安いのがSEだ。
4インチの小さなスマートフォンは貴重な存在になっている。
これがアップルのiPhonneであるということは重要だ。
10周年記念モデルの登場が予定されているiPhoneだが、そもそものスタートは3.5インチの画面だった。
3.5インチ、480×320ピクセル、解像度163ppiというのがそもsものiPhoneのスタートだったということ。
これだけの画面での情報量と今の最新の機種とは大きな違いがあるだろう。
Yahooより。
iPhone SEの容量増版来月発表か?
ITmedia NEWS 2/21(火) 7:06配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000034-zdn_n-sci

記事によれば、
2017年3月開催のiPad Pro発表イベントにおいて、現在のiPhone SEのストレージ容量である16GB、64GBに、128GBが追加される可能性が出ている・・・
ということだ。3月にはその全容が明らかになる。

この記事へのコメント