本日3月22日、ソフトバンクのMVNOがやっと開始だが、データ専用で1Gまでで880円という格安とは言えないもの

ワイモバイルがあるからと、MVNOへの回線の貸し出しを拒否してきたソフトバンク。
bモバイルから出されたプランは、データ通信のみ、1Gまでの容量で880円・月というもの。
高すぎるというのが多くの人の感想だろう。
そもそもデータ専用では番号をそのまま移行するMNPに対応していない.
これがソフトバンクからbモバイルに移る際の最大のハードルになる.
ここまでせこいソフトバンクに総務省は何もできない状態というのは不可解にすぎる.
一体、どんな天下り先を提供したというのだろうか?
Yahooより。
日本通信、ソフトバンクのiPhone向け格安SIM発売 月額880円から
SankeiBiz 3/22(水) 8:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000010-fsi-bus_all

記事によると、
ソフトバンクのiPhoneとiPadをSIMロック解除なしで利用可能
データ通信量1ギガバイト880円、3ギガバイト1580円、7ギガバイト2980円、30ギガバイト4980円
この結果、最大で、ソフトバンクの料金より73%安くなる。
アイフォーンは「5」以降の端末に対応
ということであり、いやらしいことに音声通話ができない、また値段も高く設定されているためにすぐに乗り換えしにくくなっている。
ソフトバンクの抵抗の跡がよく見えるプランだ。
angry.jpg

この記事へのコメント