9月1日から提供開始の楽天モバイルのスーパーホーダイは速度低下後も1.0Mbpsの速度規制の実質使い放題回線!

楽天モバイルのスーパーホーダイは通信制限が掛かった後の速度も1Mbpsという、実質使い放題のSIM。この1Mbpsという速度規制はUQモバイルのWimaxと同じだ。
実用的に標準画質のYouTubeを見ることができる。
これはSIM回線では画期的なことだ。
smartphone-yawn.jpg
Yahoo!より、
<格安スマホ>利便性向上で競争激化 料金値下げで対抗も
8/31(木) 19:28配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000076-mai-bus_all
記事より、
楽天の大尾嘉宏人執行役員は8月23日、格安スマホ「楽天モバイル」の新料金プラン発表会見で、こう強調した。従来のプランはデータ通信量が契約上限を超えると通信速度が落ちたが、新プランは上限を超えても画質を気にしなければ一定の通信速度が維持される。通話も1回5分以内なら「かけ放題」で、月額2980円(税別)から割安・・・
この楽天モバイルの新プランのスーパーホーダイというプランはかなり期待したいプランとなっている。
データプランには通常限度があり5Gなどのデータ容量を超えると、そのあとの通信速度は0.3Mbpsなどに速度が著しく低下するというのが相場だ。
これまでそうした規制後の速度が最も早いプランはパナソニックが提供していたもので0.7Mbps(=700kbps)のものであった。
参考)LTE F-シリーズ (F-使い放題700)
https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/price/index.html#lte_f
これが今度の楽天のスーパーホーダイは規制後の低下した速度で1.0Mbpsを謳っているのだ。
ただし、12-13時と18-19時という特別に込み合う時間帯には0.3Mbpsの速度制限がかかるというもの。
この程度の制限については納得できるものだ。1日24時間中のたったの2時間なのだ。
これは実質的に1Mbpsの使い放題回線と考えることが可能。
画期的なプランとして速度低下といっても1.0Mbpsという回線を維持してもらいたい。

なお、使い放題+通話という選択肢については以下も参照。
月額2200円で使い放題のDTIのSIMの評価は良さそうだ 2017年02月10日
http://mobilera82.seesaa.net/article/446875200.html
なお、Yahoo!ニュースへのリンクが切れているので料金については以下。
DTIの料金案内
https://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=453217318
これによると使い放題でデータのみ2200円、音声付2900円、いずれも税抜き、だ。

この記事へのコメント