ポメラの10周年版はE-inkディスプレイ搭載

ポメラの話。
スマートフォンで難しいのはやはり長文の入力。
機能的にはあっても、やはりキーボードが必要。
キーボードとスマートフォンの接続、タブレットとの接続というのはどうしても課題だ。
今はタブレットだけではない、2IN1というタイプが出ているのだが、果たして入力しやすいものになっているのかということ課題がある。
これを解消するのが文章入力専用端末だ。

Yahoo!より、
キーボードでサッと文字入力!ポメラのテキストメモに10周年モデル登場
5/20(日) 12:11配信 Stereo Sound ONLINE
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00010001-ssonline-prod
記事より、
・キングジムから、テキスト入力に特化したデジタルメモ「ポメラ」の新製品「DM30」が6月8日に発売される。価格は4万3000円(税別)
・ディスプレイにはシリーズ初となる電子ペーパー「E Ink」を採用。サイズは6インチで、目に優しく、文字が見やすいという特徴を持つ。ただし、バックライトはない
・日本語入力については、ポメラシリーズのために開発された専用の「ATOK」(ATOK for pomera)を搭載。「DM100」とほぼ同等の仕様ではあるが、電子辞書機能などはバージョンアップされている
・入力したテキストデータは、内蔵メモリー(8GB)、またはSDカードに記録可能。SDカード、もしくはマイクロUSB端子を介して、テキストデータをパソコンへ転送することもできる。また、現行ポメラシリーズと同様にテキストデータをQRコードに変換して表示、専用アプリをインストールしたスマホで読み込むことで、テキストデータをスマホへ移すことも可能

参考)ポータブックを安く買う方法
http://fanblogs.jp/portabook/

callingsmartphone.jpg

この記事へのコメント