アスキーが総務省を徹底的に批判!結局、一括0円、実質0円廃止は消費者に負担増だけと徹底的に糾弾!

アスキーが「実質0円」禁止をやっと批判。
しかし、問題は実は一括0円の廃止。一括0円と実質0円ではユーザーの負担は大きく違う。
総務省がソフトバンクの利益率向上のための役所主導の談合を一括0円時代は工夫次第で通信量を大幅に削ることができたのだから。
知っていて書かないのがライターは消費者に対しては極めて不誠実だ。
取材などでドコモに拒否されると困るからというのが、その理由。
そもそも携帯電話料金が世界的に高いとかわけのわからない話(のちに否定された)でスタートした、アホタスクフォース。
大体において、総務省の役人も文科省と同じように天下りが目的で、最初からキャリアを儲けさせるために、もっといえばソフトバンクが儲かるように動いているというのは、光ファイバーの回線問題や、電波の割当問題などでも明らかだ。
本来、公正な競争をすればいいものを、総務省がものの売り方を規制する異常さ。
さすが、情報漏えいなども平気で、旦那と一儲けをする野田聖子総務大臣の総務省だ。
やり方が汚い。自分のためだけに総務大臣をしているわけだ。

Yahoo!より、
スマホ「実質0円」禁止は逆効果だったのではないか
8/13(月) 9:00配信 アスキー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000002-ascii-sci
記事より、
・総務省はスマホのキャッシュバックや「0円端末」販売を規制したが、本当にユーザーにとっては良いことだったのか?
・NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの決算が出揃った。いずれも「増収増益」
・最近、総務省が「キャッシュバック」や「0円端末販売」を規制していたが、本当に良かったことなのか。かなり疑問を抱いてしまう
・ソフトバンクは総務省の会議などで「できればやめたい」と本音を漏らすなど、キャッシュバック戦争から逃げ出したい感があった
・キャリアがキャッシュバックを嫌がるのは、収益に大きな影響を与えるから
・キャリアが儲かっている背景には、キャッシュバックの廃止などで端末販売手数料が下がったこと
・キャッシュバックや実質0円端末で、キャリアが端末販売関連で赤字を出し、ユーザーに還元してくれていた方が、ユーザーにとってよっぽどメリットが大きかった
・キャッシュバックや0円販売をやめさせたことで、本当に、ユーザーの負担は下がり、業界が活性化したのか。改めて、検証する必要
一括0円廃止.jpg

この記事へのコメント