ドコモがサブブランドの格安SIMを出せば日本の携帯料金は安くなる

携帯料金は日本はパリに比べて高いそうだ。
楽天モバイルが第4のキャリアになるということで料金の値下げが期待されているが、そんなに待たなくともドコモもソフトバンクやKDDIのようにサブブランドとして格安SIMを出せば良いだけだ。
実際に今ある格安SIMというものは、そのほとんどがドコモの回線を借りている訳だ。
そのドコモがソフトバンクやKDDIのようにサブブランドの格安SIMを出せばいいのだ。

Yahoo!より、
格安SIMの満足度、mineo/UQ mobile/BIGLOBEモバイルが高評価。NPSではLINEモバイルが3位に【MMD研究所調べ】
10/2(火) 7:06配信
Web担当者ForumMMD研
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000002-webtan-sci
記事より、
・サービス別の満足度についてはmineoが82.0%で最も高く、次いでUQ mobileが80.0%、BIGLOBEモバイルが79.3%
・UQ mobileは11サービスの中で最も推奨者の比率が高く、mineoは最も批判者の比率が低い

この記事において、格安SIMとされている、キャリアのサブブランド、
・Y!モバイル
・UQモバイル
それぞれ、ソフトバンクとKDDI(au)のサブブランド。
キャリアのサブブランドということで、他のMVNOに比べて、そもそも自ら回線を分けているので、2つのクオリティーが高いのは当たり前。
ソフトバンクとKDDIでドコモは?ということだが、現時点ではドコモのサブブランドは登場していない。
そうした中で、実質的に、サブブランドと言えるのではないかというのが、ドコモが提供している、ドコモwithだ。
これは専用の端末を購入する必要があるものの、ずっと1500円引きとなるプラン。
当初はいかにも安物という魅力のない端末しか選べなかったのだが、今ではiPhone6Sが選べるようになり、これはUQやY!モバイルでもラインナップされているもの。
従って、すでにドコモの中では特異な料金体系のドコモwithはサブブランドと考えていいかもしれない。
ドコモがこのドコモwithにちょっとテコ入れするだけで、ドコモが回線を卸しているMVNOは全滅するだろう。
これからのドコモwithの展開に期待したい。
iPhonex.jpg

スポンサーリンク




この記事へのコメント