GoogleのスマートフォンPixel3を金を出してまで買う理由が分からない

Googleはハードウェアで儲ける必要はないという。そもそも、Googleはほとんどハードを販売していない。
ハードを販売しないのは、Googleはパソコンをはじめとする様々な端末において個人情報を抜き取り、「加工」して広告を出す、情報を販売をすることで莫大な利益を得ているからだという。
それに対して、Appleは端末を売ることで利益を上げている。
従って、アップルはGoogleのように広告による利益を得る必要はないし、ユーザーのことを考えればするべきでもないというスタンス。
ここにGoogleとアップルでは大きな違いがある。
Appleはユーザーの情報を守る企業だが、Googleはユーザーの情報を集めて売り払う、広告に利用し、また、商売のネタにする企業ということだ。
あなたなら、Google、Appleどちらの企業の端末を選ぶだろうか?
私なら絶対に個人情報ぶっこ抜きが前提のAndroid端末を選ぼうとは思わない。間違ってもAndroidの端末に高い金を払うつもりは一切ない。

Yahoo!より、
スマホ乗り換えで「Pixel 3」を選んだ理由
10/14(日) 6:35配信 ITmedia PC USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000006-zdn_pc-prod
記事より、
・iPhoneと同じくらいの値段なのに、何でPixelを買うの?」という声もちらほら聞こえてきます。でも、「Pixel 3」(税込み9万5000円)の64GBと「iPhone XS」の64GB(税込み12万1824円)を単純に基本スペックで比較すると、Pixel 3は2万円以上安い割に、それほど劣っているとは思えません
・Appleはもともと、ハードウェアが主な収入源ですが、Google(の親会社Alphabet)は今でも主な収入源は広告
・Googleがハードウェアを出すのは、ユーザーがそのハードウェアでGoogle検索やGoogleフォト、Googleマップなどのサービスを使ってもらうことで個人情報をどんどん集め、その個人情報で最適化された広告を見てもらうのが目的

記事にあるように、安い分だけ性能はiPhone XSよりも劣る端末がPixel3。
さらに、個人情報をどんどん集めて広告を見せるために端末を売るというのがGoogleであり、そんな端末に大金を払う意味があるのか?という疑問。
個人情報をどんどん集めたいGoogleが作った端末ならば通常のAndroid端末よりもはるかに多くのちょっとした情報までもGoogleに収集されてしまうと考えてしまうのは普通だろう。
10万円近くも出して個人情報ぶっこ抜き仕様の端末、Pixel3を買う人間がこの世に存在するとは思えないのだ。
ぶっこぬき.jpg


スポンサーリンク





この記事へのコメント