大手キャリアを使っている人にアンケートをして携帯料金が高いと言わせるのは簡単だが7千円なら妥当という結果も

アンケートは大手3キャリアのオーナーが対象。
そもそも、日本の携帯料金は高いという調査の結果を総務省が行い、大々的に報道されている。
そうした背景のもとで、大手キャリアでもともと高い料金を払っている日本の携帯料金は高いと思いますかと聞かれれば誰だって高いと答える。
アンケートの対象外で既に格安ケータイを使っている人は高いと思っていないが、大手キャリアは高いと思っているという構造。
それでも大手キャリアを使っている人への調査なので、高いと答えるのは当たり前。
そういう意味では格安ケータイなんてカッコ悪いから大手キャリアを使っていて、7千円程度なら払っていいというのだから、この調査結果なら大手キャリアは安心。
このアンケートも大手キャリアを狙い撃ちするためにこうした調査、こうした結果を出すということなのかもしれないが、大手キャリアの値段の適正さを証明したものとなっている。そういう依頼があったのだろう。

Yahoo!より、
携帯大手に不信感、料金「高い」6割 不要な契約も5割
10/19(金) 20:17配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000085-asahi-bus_all
記事より、
・携帯電話料金について、利用者の約6割が「高い」と感じているという調査結果を、野村総合研究所が19日に発表した。約3割は料金に「納得していない」
・NTTドコモなど大手3社のスマートフォン利用者約3千人を対象に、7月にインターネットで調査した。携帯料金を「高い」と感じる人は59%、「安い」は3%、「どちらともいえない」は38%。また、料金に「納得していない」は32%、「納得している」は13%、「どちらともいえない」は55%
・「高い」と「納得していない」の両方を選んだ人は全体の30%
・利用者が本来払ってもよいと思う通信料金は平均で月額6537円で、実際の支払額(8764円)より低かった

大手キャリアを使っているというブランド志向からは6537円を支払ってもいいそうだ。
なら、問題ないという話だ。
get-kuma.jpg

この記事へのコメント