楽天モバイルから自社回線への移行を予定のお知らせが届いた!iPhone非対応も発表!

楽天モバイルより、自社回線への移行を予定のお知らせが届いた。
まさかの第4のキャリアの発表後に具体的なユーザーへの通知が届いたのは初めて。
HPに示されている内容を以下にコピペしておく。

https://mobile.rakuten.co.jp/news/service_20190314/

楽天モバイルのネットワークは、
自社回線への移行を予定しております

新規お申し込みの方(2019年3月14日10:00以降にお申し込みいただいた方)

2019年10月以降、専用SIMカードを順次送付いたしますので、お手元に届き次第 交換するようにお願いいたします。
送付時期、手続き等に関する詳細情報は、改めてご案内いたします。

※ご契約中のプラン及び最低利用期間は、SIMカード交換後も引き継がれます。最低利用期間中の解約は契約解除料が発生します。
※SIMカードを交換していただけない場合でも、楽天モバイルのネットワーク(MVNO)を継続してご利用いただけます。
※自社回線(MNO)への移行後、オプションサービスによっては、継続できない場合があります。
※お客様の利用環境によっては、SIMカードが送付されない場合があります。


楽天モバイルをご利用中の方(2019年3月14日9:59までにお申し込みいただいた方)

詳細は、改めてご案内いたします。

自社回線への移行について

楽天モバイルのネットワーク(MVNO)は、現在、ドコモ回線とau回線を利用していますが、
2019年10月以降、順次自社回線(MNO)への移行を推奨いたします。

なお、上記の通り、楽天モバイルを利用中のユーザーはどういう対応をすればいいのかについてのお知らせは今後ということで何も示されていない。
注意すべきは、自社回線の対応機種。

自社回線 対応製品一覧(2019年3月14日時点)

スマートフォン

SHARP

AQUOS R2 compact SH-M09AQUOS sense2 SH-M08AQUOS sense plus SH-M07AQUOS R compact SH-M06AQUOS sense lite SH-M05
HUAWEI

HUAWEI nova lite 3
OPPO

AX7R17 ProFind X
ルータ

NEC

Aterm MR05LN

たったこれだけしかない。これ以外は対応しませんというのが現時点での発表だ。
これは大きなマイナスと言える。
何より、
iPhone
がない!
よほどの大幅な値下げでもない限り、非常につまらないラインナップだ。
また、iPhoneユーザーは他の回線に移る際に違約金などを取らない措置が必要。
何れにしても圧倒的なスマホユーザーはiPhoneユーザー。
このiPhoneユーザー切りで楽天モバイルは消えゆく運命にあることがはっきりしたと言えるだろう。
バレた.jpg
正直、いきなり2019年10月から楽天の回線のみでやっていけるとは思えないのだけれども、自社回線の整備は楽天で独自に進めていることだろう。
当面は、特に、地方部はずっとかもしれないが、ドコモのローミング接続となるのではないかと思う。

この記事へのコメント