だから中国製のスマホなんて買うなっていったのに・・・ファーウェイは0円端末でも売れない

ドコモもau、ソフトバンク、ワイモバイルに続いて、ファーウェイの新機種であるP30Liteの販売を無期限延期。
販売中止と考えるのが妥当だろう。
ユーザーからすればandroid端末のセキュリティーアップデートがGoogleから受けられないなら、買う意味がない。
中国ではもともとGoogleのアプリは排除されているのだから問題はなくとも、ここは中国ではなく日本。
中国本土用のものを日本で売れるかというと、それはライバルも多い中、無理だろう。
日本では愚かな総務省が端末と通話料金の分離を法律でごり押しさせて端末の代金が上がったばかりだ。
安価な端末と考えられていたファーウェイのような中国製スマホは市場からなくなることになった。
併せて、既存のファーウェイ端末の下取り価格も0円になるだろう。
それら総合的に、国民の携帯を使用するためのコストは跳ね上がることになり、とても10%まで消費税を上げることは無理だろう。

Yahoo!より、
ドコモの「HUAWEI P30 Pro」、事前予約の受け付けを停止 再開は“未定”
5/22(水) 17:40配信 ITmedia Mobile
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000076-zdn_m-sci
記事より、
・NTTドコモは5月22日、ファーウェイ製スマートフォン「HUAWEI P30 Pro HW-02L」の事前販売予約の受け付けを中止
・予約受け付けの再開見込みは立っていない
・予約の受け付け停止は、Huaweiとその関連企業が米商務省産業安全局(BIS)の「エンティティリスト(Entity List)」に加えられたことに伴い、「規制内容を確認し、影響範囲を精査する必要が生じた」(ドコモ広報部)ため
・発表済みで未発売のファーウェイ製スマートフォンを巡っては、他のキャリアが「HUAWEI P30 lite」の発売延期を決めている

HUAWEI P30 Pro HW-02Lに至っては高級機種で値段が高い。
何もリスキーな端末に高い金を払うバカはいない。

この記事へのコメント