iOS13はiPhone6s、iPhoneSEをサポート。iPhone6はサポート対象外に!

アップルのイベントでの発表はいまいちなことが多い。
今回の目玉は、なんと、iPhoneの新しいOS、iOS13なのだが、目玉がダークモード・・・
むしろ注目したいのは、新しいいiOS13はiPhone6sもサポートしていること。
iPhoneSEも当然サポート継続だ。
この発表により、iPhone6s世代のユーザーはホッとしたところだ。
総務省の訳の分からない方針により、端末価格の割引はなし。
また、端末の割引額の上限を3万円に設定するといった案がでているというのだから、安い端末の需要はさらに高まる。
最新のOSが使えるかどうかが今後のiPhone6sや7の売れ行きを左右することは間違いない。
いつまでもサポートが続くわけではなく、今回のOSが対応するのはiPhone6s以降であり、iPhone6のサポートは打ち切られることとなった。

Yahoo!より、
Apple、「macOS Catalina」「iOS 13」を発表 ~新OS「iPadOS」もお披露目
6/4(火) 7:00配信 Impress Watch
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000019-impress-sci
記事より、
・米Appleは5月4日(現地時間)、開発者向けイベント“WWDC 2019”で「macOS Catalina」や「iOS 13」を発表
・「macOS Catalina」は、「macOS Mojave」の後継となるデスクトップ向けOS。「iTunes」の機能が分割され、「Apple Music」、「Apple Podcasts」、「Apple TV」といった個別のアプリとなったほか、自分のiPadをセカンドディスプレイとして利用できる“Sidecar”機能が導入される
・「iOS 13」では、暗い場所での視認性を向上させる“ダーク モード”をサポート。日没や指定した日時に合わせて自動で有効化できるようになる。
・「写真」アプリの一覧画面は単に写真を一覧するだけでなく、機械学習によりキュレーションされた美しい写真、大事なイベントの写真がリストアップされるようになる。編集やフィルタリングツールも強化され、機能の大半はビデオ編集でも利用できるようになる。
・“Face ID”や“Touch ID”で簡単・安全に認証できるほか、ランダムなメールアドレスを生成してプライバシーを守れるのが売りだ。また“Face ID”によるロック解除も高速化されているという。
・「iOS 13」は本日より“developer.apple.com”で開発者向けにプレビューされる。一般ユーザーによるベータテストは今月中、一般へのリリースは今秋になる予定。サポートデバイスはiPhone 6s以降で、iPadには後述の新OS「iPadOS」が提供される。

この記事へのコメント