楽天は第4のキャリアから参入せずに撤退することになるだろう

楽天が第4のキャリアとしてスタートすることを断念というのが本当のところではないか?
すでに総務省から行政指導を3回も受けているのが楽天モバイル。
10月からの提供開始はすでに公表していたことであり、これをちゃぶ台返しをしたのが今回の発表。
しかも、年内には提供というのではなく、未定。
さらに、楽天内部では無料のトライアルのスタートとして当初から設定していたという驚くべき発言が聞かれた記者発表の会見の場。
これでは楽天に電波を割り当てた総務省との間の信頼関係はゼロだろう。
参入時期は電波の割り振りの判断の重要な要件、その前提には基地局の整備は必須だからだ。

Yahoo!より、
楽天の三木谷氏が携帯参入で会見(全文5完)MVNOからMNOに移行してほしい
9/6(金) 22:55配信THE PAGE
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00010010-wordleaf-bus_all&p=4
記事より、
 テレビ東京:当初キャリアとしての発表というのは、10月時点でフルサービスを想定していらっしゃって発表したのか、それとももう先ほどおっしゃたようにテスト、各社とのテストというのを想定していたのか、どちらでしょうか。

山田:どうしても基地局のことと関連して、この無料プランということが取り上げられてしまう、分かりやすいのでそういうふうになってしまうんですけれども、この無料サポータープログラム自体はかなり前から、こういう形でやろうということは決まっていまして、ということですね。なので、もともと別にしばらくは無料、しばらくというか最初は無料プランでいこうということなので、この時点で正式な、なんて呼んでるんですか、今、正式なグランドローンチっていいますかね、その料金を発表するっていうことはもともと想定はしていませんでした。
 具体的に、ここでMVNOの新規はこういうふうにやめますとか、ここからはもうMNOしかやりませんっていう詳細まではまだ決まっていなくて、なぜかっていうとMNOのほうもいつから正式の、リアルの店舗も含めた販売を積極化していくかっていうことがまだ決まっていないので、その大きな方向性は決まっていますけれども具体的な策についてはまだ決めておりません

したがって、
「楽天の三木谷氏が携帯参入で会見、MVNOからドコモなどへ移行してほしい!」
とリライトするのが適切だろう。もはや楽天のMNO参入はあり得ないのだ。
mobile-iphone.jpg

この記事へのコメント