iPhoneはandroidを追う立場に、劣っていたカメラをトリプルにしてアップデート

iPhoneはもはやスマホの世界をけん引する立場ではないことが今回のiPhone11で明らかになった。
新しいiPhone11の売りは、サムスンはHuaweiと同じようにカメラなのだ。
既にデザインはボタンもなくなり、androidと同じ形になっている。
多少の値下げはしたというものの、総務省の規制で旧機種さえ値引きは2万円までという規制が適用されてしまう。
これでは7万円からのiPhone11,Proなど新しいいiPhoneが売れるはずがない。
これまで、性能はデジカメに劣るスマホがカメラ目的で売れていたのは実質無料などの大手キャリアの割り引があったからにすぎない。
2万円までしか割引がないのではコスパはよくないとしか言い様がない。

Yahoo!より、
新型iPhone発表。iPhone 11 / Pro / Pro Maxの3モデル、上位機はトリプルカメラ搭載
9/11(水) 3:46配信 Engadget 日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00010010-engadgetj-sci
記事より、
 米国時間の9月10日、Appleはカリフォルニア州クパチーノのスティーブ・ジョブズ・シアターにてスペシャルイベントを開催。その場で、新型iPhoneを発表
 2019年のiPhoneは昨年同様3モデル、3眼カメラで5.8インチOLED(有機EL)ディスプレイ採用のiPhone 11 Pro、同じく3眼カメラで6.5インチOLEDディスプレイ採用のiPhone 11 Pro Max、そして液晶ディスプレイ採用のスタンダードモデルとなるiPhone 11
 iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの価格はiPhone 11 Proが10万6800円(税別)~、iPhone 11 Pro Maxは11万9800円(税別)~。9月20日発売です。
 トレードマークは3眼カメラ。iPhoneのなめらかなボディから突き出したカメラユニットの中に、さらに3眼カメラが出っ張るというProデザイン
 ボディは外科用グレードのステンレス鋼からの削り出しで作られ、高い耐久性を誇ります。

魅力を感じない。高いだけと感じる人がほとんどではないだろうか?
アップルでは、iPhone8以降が現行機種となり、iPhoneXSでさえも現行機種から消えるという異常さ。
ユーザを大切にしなくなったアップル。
最新機種ではなく、iPhone8で十分。
https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-8
52,800円から。64GBだから十分だ。
自撮り.jpg

この記事へのコメント