iPhone11の売り上げはドコモが一人負け!

駆け込みで半額に割り引きでiPhone11シリーズを売りまくるソフトバンクとau。
ドコモは伝統的に総務省の言いなり。
この結果がドコモの一人負けを招いている。
10月に入ってからが本当の勝負だが、その前に既に勝負は終わっているだろう。

Yahoo!より、
iPhone 11発売もNTTドコモが苦戦? 1機種もトップ10入りできず! スマートフォン売れ筋ランキングTOP10
9/27(金) 20:00配信 BCN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00138278-bcn-prod
記事より、
2019年9月24日の日次集計データによると、スマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 iPhone 8 64GB(au)(アップル)
2位 iPhone 11 64GB(au)(アップル)
3位 iPhone 11 Pro 256GB(au)(アップル)
4位 iPhone 11 Pro 256GB(SoftBank)(アップル)
5位 iPhone 11 128GB(au)(アップル)
6位 AQUOS sense2 SH-M08(シャープ)
7位 iPhone 8 64GB(SoftBank)(アップル)
7位 iPhone 11 64GB(SoftBank)(アップル)
9位 iPhone 11 128GB(SoftBank)(アップル)
10位 iPhone XR 64GB(au)(アップル)

売れているのはauとソフトバンクばかり。
ショップを見ても分かるように、iPhone8などは一括0円の表示。10月から規制されるが9月は合法というもの。
商売というのはそういうものなのだ。
総務省のやることはまるで計画経済。中国や北朝鮮のようだ。それに従わざるをえないのがもともと官のドコモというのがこの結果を生んだ構図だ。
glasses

この記事へのコメント