安いiPhoneがiPhoneSE!それiPhoneの安いやつねと言われるモノ

アップル信者からは受け入れられない安いiPhoneがiPhoneSE。
何しろ、安物というイメージなのだからとてもAppleの製品でおしゃれというわけにはいかないのだ。
しかもカメラは今どきシングルカメラ・・・
見た目はiPhone6のまま・・・
ダサすぎ!
iPhoneSEの価値は4インチと今では希少なコンパクトサイズだったことだ。
これをiPhone8のボディを使って高性能化しました?はあ?というしかない。
残念なiPhoneが登場してしまった。
これをiPhoneSEと呼ぶのは極めて不適切だ。
iPhoneSE.jpg
44800円から。下取りをすると29800円からという格安iPhone。
ただし、iPhone8の単なるリニューアルで、でかい!ダサい!

アップルのページより、
https://www.apple.com/jp/iphone-se/

ヂュアルSIMにも対応。

Yahoo!より、
なんでこんなに安いんだろ。新型iPhone SEに「ないもの」まとめてみました
4/16(木) 10:00配信 ギズモード・ジャパン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-00000006-giz-prod
記事より、
最新のプロセッサ「A13 Bionic」を搭載してるのに4万4800円。本日0時に登場した「iPhone SE(第2世代)」には反射的に買ってしまいそうになる魅力がありますよね!

でも、もちろんこの価格ですから全部入りというわけではありません。ハイエンドiPhoneとくらべると「あ、これがない…」がちらほら見受けられます。なくて当たり前のモノから、マニアックなものまで、iPhone SEに「ないもの」をまとめました。せっかくなら、iPhone SEのことをよーく知った上で気持ちよーく買いましょうよ!

プロセッサは最上位機種と同じ「A13 Bionic」なので、3Dゲームなどの動作の軽快さはまったく同じです。Touch IDにいたっては「むしろこっちのほうがいい」と言う人もたくさん居ますもんね。あ、そういえばイヤホンジャックもありませんので、あしからず。

この記事へのコメント