AUも月額0円プランを発表!楽天モバイルよりも選択肢が多く繋がりやすいからこれで決まりだ!

AUも月額0円プランを発表!楽天モバイルよりも選択肢が多い。
楽天モバイルの参入で大手キャリア3社の独占状態がここまで変わるとは誰も予想しなかっただろう。
楽天モバイルにローミング提供しているAUだからこそ、楽天の目論見、商売のからくりについて熟知していると考えられる。
この0円のメリットは携帯電話番号を維持することが極めて容易になった。
とりあえず0円として毎月smsなどをするだけで回線を維持しておき、1日だけ無制限で使い放題で使いたいというときにだけ330円を払って使うということも可能。ドコモやソフトバンクが繋がりにくい時の予備回線をお気楽にもてるのだ。
楽天モバイルのようなつながりにくさがないAUからの0円からのプランの提供開始というのは驚きと衝撃だ。
端末の割引が減ると困るけれど。

Yahoo!より、
KDDIが基本料金ゼロ円の新料金プランを発表
石川温ケータイ/スマホジャーナリスト
9/13(月) 10:02
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishikawatsutsumu/20210913-00258049
記事より、
 KDDIは今年3月にスタートした新料金プラン「povo」で早くも値下げを行う。
 2021年9月13日に発表した「povo2.0」では、これまで20GBで2728円だった基本料金を撤廃。基本料金は0円とし、自分に必要な容量や期間などを自由にその都度、選択できる仕組みにした。
 povoでは、自分に必要なオプションを「トッピング」という言い方にしているが、今回、用意される「トッピング」は全部で10種類となる。
 例えば、データ容量が60GBで90日間の有効期限があり、6490円というトッピングは、1ヶ月に換算すると20GB使えて2163円ということになる。これは20GB使えて2178円という楽天モバイルよりもわずかながら安くなる計算だ。
 また、データ容量180日間で150GB使えるトッピングの場合、金額としては1万2980円となるが、1ヶ月換算すると同じく2163円で25GB使えることになる計算だ。
 例えば、3GBであれば990円という設定もあり、こちらはソフトバンク系LINEMOを意識した金額となっている。また、1日だけデータ通信が使えるトッピングや、7日間、DAZNが見放題でデータ容量も無制限となる760円のトッピングも用意される。DAZNのトッピングは、プロ野球日本シリーズやサッカーの日本代表戦など「短期間だけDAZNで見たい」という需要をとられたものだ。

この記事へのコメント