iPhone14は新しいデザイン??

iPhone14は新しいデザイン??
完全に刷新されたデザイン、というのはどういうものだろうか。
なお、以下の中に内臓のストレージを64GBにすることに反発があるというふうに書いてあるが、5Gの時代だ。
クラウドに写真やビデオもアップすることにすれば、内臓のストレージが大きい必要もない。
クラウドではただ単にアップロードダウンロードするのではなく、画像としてみれる程度に調整をすればいいなどの工夫もできる。
これからは内蔵ストレージ頼みということは無くなっていくだろう。

Yahoo!より、
iPhone 14は画面に「2つの穴」を持つ奇妙なデザインの可能性
1/22(土) 8:00配信
Forbes JAPAN
https://news.yahoo.co.jp/articles/cf84e5f66417987e333b1ffe72f8aded16f29026
記事より、
アップルが今年リリースするiPhone 14シリーズは、「完全に刷新されたデザイン」になる見通しだ。しかし、新たに報じられた2つのリーク情報は、新たなiPhoneの戦略に大きな疑問を投げかけるもので、ファンの間でも意見が分かれそうだ。

まず最初のリーク情報は、ディスプレイ業界の専門家のロス・ヤングによるもので、彼はiPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxのディスプレイの上部に、丸い穴と横長の穴の「2つの穴」が設けられると述べている。円形のパンチ穴には、Face IDのドットプロジェクターが格納され、横長のカプセル剤のような形の穴には、フロントカメラとFace IDの赤外線カメラの両方が格納されるという。

これまでの予想をほぼ全て的中させているヤングは、「この2つ穴のデザインはアップル独自のものになるだろう」と述べている。このデザインは、アップルが見た目の差別化を図るために、iPhoneの「i」を水平に配置したようにも見えるが、好みが分かれそうだ。

一方、2つ目のリーク情報も同様に頭を悩ませるものだ。MacRumorsが掲載した香港の証券会社Haitong International SecuritiesのアナリストのJeff Puのレポートによると、アップルは標準モデルのiPhone 14とiPhone 14 Maxについて、アップグレードとダウングレードを組み合わせた不思議な計画を立てているという。

Puは、アップルがこの2つのモデルのディスプレイをiPhone 14 Pro と同じ120HzのProMotionディスプレイにアップグレードし、RAMの容量を4GBから6GBにすると述べている。その一方で、アップルは2つのモデルのストレージを128GBから64GBにダウングレードすると予測しており、これは大きな反発を招くことになるだろう。

この記事へのコメント