maineoのDプラン デュアルタイプ スタンダード(最大1.5Mbps)に契約変更してみた

maineoのマイそく、というプラン、正式には、Dプラン デュアルタイプ スタンダード(最大1.5Mbps)に契約変更してみた。
これは新しいプラン。使い放題でその制限速度は最大で1.5Mbpsというもの。
もちろん、使い方にもよるが家や職場ではパソコン、それぞれWi-Fi環境あり、それ以外ではスマホでデータ通信を大量に消費することはないという使い方、数字的には十分ではないかと思う。

マイそくは以下のmaineoのページを見ていただければ内容が分かる。
https://mineo.jp/price/

マイそくの料金は請求ベースで以下のようになる。

月額費用

Dプラン デュアルタイプ スタンダード(最大1.5Mbps) 990円
mineoでんわ 0円
ユニバーサルサービス料 2円
複数回線割引 最大55円割引

これまでは、
デュアルタイプ(1Gコース)基本料 1,298円
複数回線割引(デュアルタイプ) -55円
パケット放題 Plus利用料 385円
ユニバーサルサービス料(mineo) 2円
電話リレーサービス料(mineo) 1円

ということで、これでもパケット使い放題なので安いと思っていたのだが、さらに安くなった。
MNPなどに備えて、2回戦持っているので、この維持費が3,000円から2,000円以下になるということで、非常にリーズナブルだ。

ただし、
○ 月~金の12時台は最大32kbpsとなります。音声通話は制限時間中も問題なくご利用いただけます。
○ 混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)および通信最適化の適用が必須となります。
○ 記載の通信速度はベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。

そして、上記の問題の12時台に使うときに使えるのが以下、
24時間データ使い放題 330円/回
○ 使い放題利用中も通信最適化が適用されます。
○ 記載の通信速度はベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。

ということで、パケットを買って繰越しみたいなことがないのがこのプランの特徴。

ポイントは平日のお昼休みに実質データ通信が使えない(32Kbps!)のでデュアルSIMのスマホの他のSIMやWi-Fi環境なしで大丈夫か?というところだ。
2つSIMを差していて、このような平日のお昼休みには別のSIMを使えば十分ということであれば、何ら問題はないだろう。
この時間によって速度を著しく規制して実質使えなくするというのは、いかに携帯電話の通信のトラフィックが平日の昼休み時間に集中しているかということでもある。
気にしない人には最適なプランであり、番号維持もできてパケットも使い放題ということからは非常に魅力的だ。
実際、この4月からマイそくのプランに切り替えたので、不具合があるか確認をしていきたい。

この記事へのコメント