楽天モバイル、0円で売っておいて0円廃止、血を入れ替えられたって??

楽天モバイルは0円だから、通話が繋がらなくてもサブで持っていた人が多数。
そういう位置づけであるのは今も変わらない。
実際にニーズがあるのはデータ通信のためのポケットWi-Fiの位置付けだ。
それを、0円廃止で20万件ユーザーを失っておいて、
血を入れ替えられた?
「0円でずっと使われても困っちゃう」
そんな発言をする楽天モバイル。
今もポイントの還元で実質0円を実施しており、10月末をもってポイント還元が終了すると同時に、ユーザーの多くを失い、撤退するのではないか?
収益の改善に急ぐものの、全国レベルで使える状況でないので、本当は携帯電話事業自体から撤退するつもりのような気もする。

Yahoo!より、
楽天モバイル、契約数22万件減 “0円プラン”廃止で 三木谷社長「血を入れ替えられた」
8/10(水) 19:38配信
ITmedia NEWS
https://news.yahoo.co.jp/articles/edc2cac88fdbc5d3dac7cbcdc2404ee6fdea0128
記事より、
 楽天は8月10日の決算会見で、モバイル事業について、6月末時点の契約数が約546万件になったと発表した。5月の決算発表時は3月時点で約568万件としていたので、3カ月で約22万件減ったことになる。月額料金0円から使えるプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を廃止した影響という。

 一方、三木谷浩史社長は一連の動向について「血を入れ替えるといったら怒られるかもしれないが、われわれにとって優良なユーザーに変えていく動きだった」とコメント。5月の会見でも「0円でずっと使われても困っちゃう」と漏らしていた通り、収益性の改善を見込んだ動きだったことを改めて説明した。

この記事へのコメント